「がんばらないで上手くいく!」管理、抑制されない世界が作る未来とは。

 

「マイケルムーアの世界侵略のススメ」
から得たもの。

抑制とか、管理なんてされない方が
うまくいく!!

その本質について
考えたいな、と思います。

 

この映画では、
先日お話しした労働問題以外にも

教育、食育、人権の尊厳、
犯罪
…いろんな問題に対しての
解決策となる各国の常識が
紹介されていて

関係する人々の想いの強さ
心打たれっぱなしでした。

 

ですが私は映画を観る前、
正直
疑問を持っていた
事例がありました。

 

 

みなさんは
どう捉えるでしょう?

 

たとえ殺人犯だとしても
自由を奪われない

管理や抑制がほとんどない
刑務所があり、

麻薬は違法ではない
麻薬では逮捕されない
国があり

どんな罪を犯しても
死刑のない国がある。

 

こんなことで国の秩序は
守られると想像できますか?

私には想像できませんでした!

 

それでも事実はこうなんです。

再犯率は20%
異常な低さを誇り

 

麻薬による犯罪は激減。
麻薬の浸透さえ激減

犯罪が減っていく。
 

そんなこと言ったって
嘘でしょ?無理でしょ??
思っていました。

 

 

ですが、映画を観て
当事者のインタビューや
「真実」を観て、
私は理解できました。

 

そ・れ・は

なぜ、そうなれるのかを。

 

自分たちが、どう在りたいのか。
未来の子供達に何を残したいのか。

といった

『何のために、それをするのか』

が全てにおいて明確で、

そこには
必ず「愛」があるから
実現できているのです。

そのゴールがブレていない
その『強い想い』に感動しました。

 

マイケルムーア

 

 

私は、
抑制され、管理される組織に
うんざりして

「自由で抑制されない世界」
を手に入れたくて起業しました。

 

しかし、いざなってみると
「自由」って実に難しい!!

 

抑制されず、管理されず
自分を保つ、向上させるって
どうしたらできるのかな?

長い年月、管理され抑制されてきた
サラリーマンだった私。

更に元々
「ねばならナイ子」気質で
「がんばりスギ子」な

私の前には壁がありました。

 

しかし、
その答えが分かったのです!

 

『どう在りたいのか』
『何の為にそれをするのか』
ここがちゃんと明確だったら
大丈夫なんです。

 

自由でありながらも
これをブラさずに持ち続けて
ゴールを見据える大切さと

私自身の、その「強い想い」
改めて確信する機会になった
映画でした。

 

 

これからの私たちの未来。
国が何をしてくれる、
してくれない。ではなく

自分の在り方に焦点を
当てて観ていただくのも
良いのではないかと思います。

そして、
『自分はどう在りたいのか』を
考えるきっかけ
になったら良いなぁ
と思います。

 

 

人の望みを優先してしまう
いい顔しちゃう職場女優の
働き女子が

やりたいことができる幸せ
を実感し、
今を生きる、自分らしい人生を
演じきる女優(主役)になれる!

そんな女性を日本中に
増やしたい!!

それが私の夢です。

だからこそ、自分が1番
その姿で在りたい!!と
願います。

 

 

どうですか?
『自分はどう在りたいか。』
『何のためにそれをするのか。』

これがブレずに持てたら
「ねばならない」のような
管理や抑制がない

自由な自分で上手くいくんです!

それが
がんばらないで上手くいく!!
っていうことなんですよね
って思います。

是非考えてみてくださいね。