いつも怒っている”エナジーパンパイア”という人にご用心


エネルギーを吸い取っちゃう吸血鬼。
そうです”エナジーバンパイア”
ってご存知ですか?

 

怖いですねぇ〜

 

 

どこの職場にもいがちなのが、
人に
怒りを投げつけてくる
 

人のエネルギーを吸い取る
エナジーバンパイア という人種。

 

 

それはどういう人なのかというと…

 

私のお勤め時代の話です。
 

月間の売り上げが4千万円
年商5億の
看板店舗の担当をしていました。

 

めちゃくちゃ売れていた
ブランドの看板店舗の店長さんが
まさにそれ!!

投げつけまくりの
エナジーバンパイア!!

 

 

私は、その方の上司でした。

 

お店に行って、
店舗の状況に合わせた指導をするのが
当時の私の仕事ですから、

店舗に出向くたびに

『店舗の苦労を、
あなたはわかってるのか??
会社は、
何にもしてくれない!!キーーーッ!!

 

とにかく、会えば文句を言われました。
攻める、噛み付く、投げてくる!!

 

仕事はできる人で
実績も上げていましたし、
目まぐるしい忙しさの中
人一倍の仕事をこなす努力家でも
ありました。

 

毎日現場で働くスタッフたちの
声を聞くのも私の役割。

もちろん私も、
店舗に入ることもありましたので
その忙しさ、大変な苦労はよくわかります。

 

しかし、
『何にもしてくれない!!』って

そんなわけないでしょう。

 

 

何か一つ解決したって、
不自由なんて無くなりはしないので
文句は絶えることがありません。

 

 

もう、何をどうしたって
正論でまくしたててくるのです。

うんざりするほど!

 

それを、当時の私はどうしていたか。

 

その愚痴を
ぜーーーーんぶ
聞いてました><!

 

 

飲みに行っては終電まで。
会社では、怒鳴り散らされたことも
ありました。

 

とにかく、真摯に受け止め

今、改善に取り掛かってること、
物の見方、考え方を変える必要があること、
お互いが、信頼しあうこと

などなど、一生懸命伝えようと
向き合いました。

 

『この人を変えよう』

 

そう思っていたからです。

 

 

しかし、
和解をしたことなど一度もなく、

 

私は、幾度となく堪忍袋の緒が切れて
「そんなんだったら、辞めちまえ!!」
って言っちゃったりとか、

テーブルにお金をバンッと叩きつけ
先に一人で帰ったこともありました。

 

 

そのたびに、私は一人反省会
あー、どうしたらいいんだろう。
明日、どうやってフォローしよう。

 

 

なぜならば、会社の側からすれば
彼女は優秀な成績を修めていますし

今、この大きな店舗を
任せられる人が他にいない。

すぐに辞められたら、困る。

それも事実でしたから…

 

 

全ての、エネルギーを吸い取られました。

このままでは、私がやられてしまう!!
そんな危機感を覚えたものです。

 

その吸血鬼はあなたのエネルギーを
吸い取りますが
そのエネルギーはただ吸い取られるだけ。

 

この吸血鬼は、別にそんなもの
欲しくはない
のです。

 

私の元部下のKさん(女子)は
誰にでも食ってかかって
とにかく四六時中怒ってるので

 

 

最初は、私に怒ってるんだと思って
一生懸命話しを聞く、
それに対して一生懸命応える。

って、やってたのですが
やはり一向に改善しないのです。

 

そしてまた、違うことで
文句を言われ、罵倒され

そこへの対応でまた吸い取られる。

 

これぞ、エナジーバンパイア!!
なのに、一向にKさんの心は
満たされない
のです。

 

 

環境や周りをどう変えようが
良いこともあれば悪いこともある。

 

何がどうであろうが
文句や怒りが消えなくて
人にぶつけてくるのは

「Kさん自身の問題」だからです。

 

ぶつけられる人、(この場合は私)
の問題ではないっってことです。

 

また、「その人を変えよう!」

なーーーんて、私のその考えは
ただの驕りでした。

 

 

本人が望まなければ
「変わらない」
ものだからです。

 

 

しかも
私は、どこかで
Kさんにこれ以上
悪く言われたくない。

私は、ぶつけられないように
したい。

 

そんな思いもありました。
正直言って、
それが強かったと思います。

 

 

そんな人が上司。
だったらますます、
「言いたいこと言ってやれ!」

っていう気持ちにだってさせてしまう。
つまり増幅させてしまっていたのでは
ないか、とも思います。

 

 

吸い取られまくってようやく
そこに気づいた私は
それで、どうしたのかと言うと

 

「売られた喧嘩を買わない」
「感情で返さない」むしろ流す。
「しっかり目を合わせて、冷静に話す。」

 

この3つを念頭に置き
対応をするようにしました。

 

私の変化は
彼女に肩透かしを食らわせ
もう「吠えまくっても通用しない」
ということを悟ったように、
徐々には大人しくなりました。

 

淡々と、時に軽く流しながら
彼女のけしかけてくるゲームには
乗らない。気にしない。

 

 

そんな風に冷静に対応しました。

きっとKさんも
「がんばりすぎ」ていたのです。

彼女は会社に対しての大きな
恨みや、憎しみを持っていました。
ですが、それは寂しさでもあったのです。

 

「もっと認められたい」

 

そんな想いから
大きな基幹店舗のリーダーとして
必死に働いていたのは
間違いありません。

 

 

Kさんは少しして
会社を辞めました。

その後、すぐにめでたく結婚をし
今は子育てに奮闘しています。

一年ほど前に
お子さんと一緒に会った時には
心の穴が埋まったかのように
もうバンパイアではなくなって
いました。

 

 

もう一度、大切なことを
おさらいしましょう。

 

 

 

怒りをあなたに投げつけてくる人
いるとします。

 

それはあなたの問題ではなく
怒っている人の問題
です。

 

そのゲームには乗らない

 

「どうすればいいんだろう」なんて、
あなたが悩むことは止めていいのです。
今すぐに止めてください^^

 

 

どうしてもその
「どうしよう」という
感情
が消えない
場合

 

 

気になって気になって
仕方がない、という場合には
その
感情を「爆破」
することができます。

 

 

その感情というのは
あなたがその人に
「よく思われたい」という感情
なのかもしれませんし

 

ただ「怖い」「恐ろしい」
という感情
であれば
その感情を箱に入れて爆破できます。

 

 

『人を変えよう』なんて思わない。
自分が変わったほうが楽
ですよね。

 

 

気にしない、気にならない。

 

そうなることで、あなた自身の
パフォーマンスが

本来のあなたが望む
パフォーマンスに

なれるのではないのかな

と私は想います。

 

ぜひ、活用してみてくださいね♡