職場で認められている「あの人と私の違い」は何か?


「あ〜なんで、あんなこと
しちゃったんだろう!」と
反省や後悔することは、
たくさんあります。

 

あなたは
すぐに忘れる方ですか?

それとも引きずってしまう方ですか?

 

私は引きずる方でした!
頭からなかなか離れて
くれないのです!!

 

真面目に一生懸命やってるのに
その一つのミスで

全部ダメだーーー!
と、思ってしまう癖がありました。

 


20点足りないだけの
80点だったとしても
自分で0点にしてしまう。

 

 

人からの評価は、成果、結果が全てで
あったとしても、

0点から100点にするのか

80点から100点にするのか?

 

自分がどう捉えるか?
によって、取り組む焦点が
かわりますし、
出る成果も
全然違ってくるものです。

 

 

真面目にがんばってる
けどなんだか虚しい。

がんばってもがんばっても
認めてもらえないし
お給料が上がらない!

 

このような気持ちを
持ち続けてしまうと

仕事はずっと続けたいと
思うものの、
自分のやっていることを
認められなかったら

 やる気は
なくなっていくものです。

 

うっぷんも溜まりますよね!
ついつい愚痴をこぼしたくも
なるものです。

 

さて、しかしながら

一方で周りを見渡すと
そんなに
がんばってる感じじゃあ
ないのに
楽々と人に認められている人
って
いませんか?

 

数少ない枠でもお給料や
待遇が上がったりしてる人。

 

やってることだって
出してる成果だって変わらないのに

一体何が違うんでしょう!!

 

スクリーンショット 2015-12-13 7.08.27.png

職場で
「認められる人」と
「認められない人」との違いは、

 


自分がどうしたいか?

自分の意見がはっきりしている
かどうかです。

 
文句や愚痴ばっかり言ってないで
楽しんで仕事してるか。

 

たしかに
自分が上司の立場だったら

 

同じ能力でも

楽しくお仕事している、
自然体で、無理なく
自分の得意を発揮して
飽くなき探究をしている人ならば

安心して信頼し
何よりも期待できる!というのは
納得ですよね。

 

 

私も、会社員で
マネージャー職をしていましたので
待遇を変える権限を持っていました。

その時も
どの様に選択したか、というと

 

能力よりもむしろ
その人に期待できるか?
やりたい!という状態かどうか。

 

それを判断基準に
させてもらっていました。

 

 

今、一生懸命にお仕事してるのに
なかなか認めてもらえない!
おっしゃる方は、

 

一度冷静に、客観的に
自分を見てみると

 

どこかで
人と自分を比較して
自分にダメ出しをして
悲観的になってしまっていませんか?

 

どうせ、私は…とか
私なんて…などど、
グチグチ引きずってしまって
いませんか?

bikkuri3.jpg

 

その、人との比較やダメ出しが
脳の勝手な思いこみ
知れたなら

 

それを”幸せスイッチ
カチッと変換していただけます。

 

つまり、あなたの望む
「認めてもらいたい!」を実現
するのにブレーキとなっている

脳の勝手な思い込みを

 

”幸せスイッチ”で
カチッと変換するのです。

 

スイッチ2.jpg

 

 

実は、会社員の時とは違って
今の
私の周りには

勝手な脳の思い込みで

 

人との比較で自分をダメ出しする
人が全くいません!!

どういうことかと言うと
自分で選んで、自己責任で
自分のビジネスをしている
起業家のみなさまは

 

自由に、
大好きな志事(志のあるシゴト)に

没頭している人ばっかりなのです。

 

だから、うまくいかないことが
あっても、落ち込む暇もなく
「では、どうしたらよくなるのか?」

 

だけを、瞬時に考えて動く。
この繰り返しをしています。

 

いちいち落ち込む癖のあった、
しかも引きずり癖のあった私は
ハンマーで殴られるくらいの
衝撃でした!!

 

付き合う人と場所が違うと
こんなにも、思考や行動が
変わるのか?!と想い、

 

そんな気持ちでシゴトがしたい!!
そう想ったのでした。

 

私はOL時代に人との比較で
自分にダメ出ししてしまう
”脳の勝手な思い込み”から

 

認めてもらいたくて
辛かった経験が
たくさんありました。

 

人と比べたところで
何にもならない、と言うことは
頭では十分わかっていても
実際は、比べてしまって
落ち込む自分がいました。

 

胸がぎゅぎゅぎゅ〜っとなる
嫉妬や妬みもありました。

 

頭ではわかっていても
なかなか抜け出せなかったのには
明確な理由があったのです。

 

その理由が
誰もが持っている
”脳の勝手な思い込み”です。

 

その思い込みを手放して

楽しくお仕事している。

自然体で、無理なく仕事している。

自分の得意を発揮して
飽くなき探究をしている。

 

というあなたの
”望む現実”のイメージを変えるだけで

 

がんばっていることが
自然と人に認められる

という状態を
自分で作ることができるのです。

 

そうすることで
培った能力を存分に
発揮できたら、
成果に繋がり、
自然と人に認められるように

なるだけなんです。

 

職場で「認められる人」と
「認められない人」の違いは

能力の差ではなく
「状態」の違いなんだと
いうことを、
まずは知ってくださいね!!

 

**************

メルマガを読んで、
マンガも読んだけど、
本当に幸せに変わるのかな?

私もスイッチ入れたいな!
という方へ

 

ぜひ、お気軽に足を運んで
ご体験ください!

詳細とお申し込みはこちらからどうぞ
  
↓  ↓  ↓

https://www.agentmail.jp/form/pg/4807/1/