会社で「認められる人」は”幸せスイッチ”を持っている?!

自分を信頼し、
自分を肯定できる人
自然と「認められる人」
になる。
 

 

 

ですから
自分を肯定できる
”幸せ脳”に切り替えましょう。

 

 

肯定の反対が「否定」です。
例えば、人と比較して
自分にダメ出しをして
しまっていたら、

 

 

望む現実になっている
「認められる」という
在り方の真逆になって
しまいますね。

 

 
そもそも、
「認められている人」や

「認められている時」
というのは

 

「認められるべき!」
とか
「認められた〜い!」
などどは
思っていないものです。

 

 

そういう時って、
ただ、やりたいように
やっている

 

とか、行動が先になっていて

 

「どうするべきか」
考えてばかっりで
動けない!ということ
がないのです。

さほど労力を
かけていなくても、
簡単に認められている人
というのは、

「どうなりたいから〇〇する」

という、目的と行動
はっきり言える人で

 

逆に、自分がどうしたいか
を言えない人というのは
自分に自信がないため、

 

はっきりと意見が言えて、
認められている人と
自分を比較しては
自分にダメ出しを
してしまう癖を持っていて、

 

 

人と比べて自分はダメな人だ
という
“脳の勝手な思い込み”
を持ってしまっている方が
実に多いのです。

 

 

この、
人と比較しては
自分にダメ出ししちゃう

”脳の勝手な思い込み”
強く持っているので現実は
こちらが優位になり、

 

本当に望むことの実現はせずに、
真逆の現実
創り出してしまっている方
をたくさん見てきました。

 

過去の私もそうでした^^;

 

こういった思い込みというのは結局、
「自己信頼」「自己肯定」
ができない

自分を認めてあげることが
できないことから
来ているんです。

 

だから無理に人に合わせたり、
人の目を気にしてしまう。

 

 

すると、どうなるかというと
1日の終わりや

お休みの日はぐったり
疲れてしまい、
毎日を楽しめないのです!

 

 

私は、
シンプルパフォーマンス・セラピー
を学び、この「なりたい自分」

 

がんばったら認められる自分
になれないのは

 

“脳内にある思い込み”が原因で、

”過去の辛かった体験が
今の現実を創り出している”

ということを深く理解しました。

 

この「自分にダメ出ししちゃう」
”脳の勝手な思い込み”を、
幸せな思考にスイッチし、
(考え・方法などを切り替えること。)

 

 

自分へのダメ出しに気付くたびに
幸せのスイッチ
(電気回路の開閉を行う装置)
を押すことで、

 

ファイル 2017-03-09 15 19 12.jpg

シンプルパフォーマンス・セラピー
創始者の三ツ間さんと♪

 

ネガティブな理由から
行動を選択するのではなく

 

ポジティブな目的に
向かって行動できるように
なるのです。

 

私はシンプルパフォーマンス・
セラピーを、やり始めた頃は

職場でがんばってもがんばっても
部署の業績が上がらず

 

 

自分の職場での価値を、
”現状維持”することに
必死な頃でした。

 

 

上司や部下の顔色を伺って
行動して、とっても疲れるのに、
つまらない!!
という毎日でした。

 

 

そして、必死な割には
認めてもらってる感はなく
さらに焦る。

 

 

それが、シンプルパフォーマンス・
セラピーの
『思い込みの爆破』で
幸せのスイッチ
自分で押すことによって、

 

 

人と比べてダメ出しをしたり
人の意見や感情に振り回される
ことがなくなり、

 

自分の
会社や職場の人がどうして
欲しいのか?
だけではなく、

 

目の前の課題である
成果をあげるために
今の業務に必要なこと
は何か?

では、私ができることは何か?
そして、私がしたいことは何か?

 

 

どうなりたいから、
どうしたいのか?

 

という思考に変わり、
今まで当たり前にやっていた

仕事の仕方も変えていくように
なりました。

 

職場5.jpg

例えば、私がやらなくても
部下だけで十分にできる
仕事を、期待と共に
任せるようにして

 

自分は、自分にしか
できない人財の育成にチカラを
注ぐようになり、

 

やらなくてもいい
休日出勤や残業、
無駄な作業などを
見直し、本当にやるべき
優先順位をつけて実行しました。

 

自分が率先し、さらに
部下にも無駄な労働の
整理をしてもらい、
プライベートな時間を大切に
するようにしました。

 

別に、無理に考えを
絞ってやったわけではなく
自然に取り組んだことです。

 

結果、無駄に動いても
成果の出なかった業績は

人財の育成により
チームのチカラもパワーアップ
したことで少しづつ改善し、
目標を達成できるように
なっていったのです。

 

チーム 

 

そもそも、人に合わせた
行動をしてばかりいると、
自分がどうしたいか?
を考えても全然浮かびません。

 

そして、脳内にネガティブな
思考の癖があると
望む現実にはなかなか
到達できず

 

 

脳内の癖を変えることから
始めた方が、
現実になるスピードが速いです^^ 

 

自分は人と比べてダメなんだ。
と、思ってしまうことがあったら

 

まずそれは
今起きている現実ではなく
”脳の勝手な思い込み”

なんだと思ってくださいね!

 

必ず幸せにスイッチできるのです(^_−)−☆

 challenge.png

 

 

=====================

関連記事 

1)職場で「認められる人」と
「認められない」人の3つの条件

http://mywill-lady.com/?p=1945mm 

 

2)自分の気持ち一つで
  変わる!
「認められる人」の“幸せ脳”

 http://mywill-lady.com/?p=1948mm