残業時間を減らせる、手放すべき思い込みとは?

職場で人にどう思われるか?
人の評価を気にしてしまうと
自分のことは二の次に
してしまいます。

 

 

自信をなくすと
「せめて、よく思われよう!」と、
自分がしなくてもいいような
仕事を受けたりすることは
ありませんか?

能力が及ばない気遅れがして
せめて、労力を使って
認めてもらおうとしてしまう。

 

自信がなくなると
このような傾向に
なってしまうものです。

 

労力でカバーをしようとするので
自分のやることもあるのに
人のことも手伝ったり

 

誰もやりたがらない
雑務などがあった場合

「私がやりましょうか?」
と買って出たりするので

 

自分のやりたいことを
終わらせるのが
残業時間しかない!
などということになることも
あるのです。

 

忙しい 職場5.jpg

私もかつてそうでしたし
今、私のところに
いらっしゃるOLさんの多くが
こんな働き方を
していらっしゃいました。

 

更に残業が続く理由は、

みんながそうだから」
「早く帰る習慣がないから」

ただ単に
今の当たり前になっているから
と言う理由も多いものです。

 

 

「もし毎日定時に上がれたら
 どうなるか? 
 何をしたいか?」

って、考えてみると

 

定時が18時で
21時〜22時まで会社に
いたとしたら
毎日2〜3時間
自分の時間ができます

 

2〜3時間の自分時間ができたら
%LAST_NAME%さんならどのように
過ごしたいですか?

 

 

見たかった映画も見ることが
できますし、
ゆっくりお風呂に浸かって
本を読んだりもできます。

 

ジムにも行けますし、
習い事に行けたり、
彼とのデートの回数も増やせます。

 

週末だけに、あれもこれも
したいことを溜めていくよりも

 

5日もある平日の残業を減らして
自分のための時間を作る。って
想像したら楽しいですし
いいことだらけです!

 

 

ついつい仕事を引き受けてしまう人
の場合には、


職場で人にどう思われるか?

人の評価が気になってしまう。
の、思い込みを手放すことで

こんなふうに自分時間を
作れるようになります

 

私もそうでしたし、
その他にもたくさんの
シンプルパフォーマンス・セラピー
を習慣化されたOLさんが、
実例を出されています。

 

女性セミナー.jpg

 

先月から実施された
”プレミアムフライデー”
まだ一部の企業しか
正式に導入されて居ませんが

 

世の中の『働き方』
変わろうとしている
この動きの波に乗って

 

 

週末だけではない
平日の自分時間も楽しめる
ビジネスライフを是非
想像してみてくださいね!