OLさんも注目!自分の可能性を広げるダブルワークとは?

流行りになりつつある
ダブルワークですが

自分の可能性を求めて成長したい!
という素敵なプランでダブルワークを
望む方も増えていて、
よく耳にするようになりました。

本当に、普通に広がって
きているなぁ、と感じます。

もう特別なことではない。
という感じです。

 

 

ダブルワークをしている女性の数
2015年から2016年にかけての調査で

4人に1人です。

予想より多いと思いませんか?

 

男性より、女性の割合が多いのですが
なぜかというと、4割近くの回答が
「生活のため」というのも現状です。

 

同時期の、エンジャパン調べでは
30代女性の年収の平均は384万円。

 

同年代の男性に比べて
100万円も低い結果だという
収入格差の現状があります。

 

「ダブルワーク」と一言で
言っても、

今までは、会社を定時で上がったら
夜の副業をする。
という「夜にこっそり」系
ものの流れもありつつ

さらに、業務の活性や
グローバルな人材を求める理由から

「専業禁止」のベンチャー企業が
あったり

 

そして今、増えているのが
「起業準備」のための
ダブルワーク
というスタイルです。

職場

本当に多様化しているんです。

 

私は、「起業準備」という
意味合いでの
ダブルワークをしていました。

ゴールを「セラピストとしての自立」
と定めて、
それに向かって進んだのです。

つまりそれは、
会社を辞めてセラピストとして

完全に自立することです。
 

しかし、最初は会社を辞めて
本当に
自立できるのだろうか?

果たして本当にプロとして
やっていけるんだろうか?

その不安はとても大きかったです!

そりゃそうです。

いくらやる気がなくても
うまくいかなくなっても
会社のお給料はいきなりは
下がりません

 

直近の生活の安定は
スタートしたての
セラピスト活動より

確実に保証されています。

 

生活の不安が大きいと
いくら健やかに保てるセラピーが
あっても、活動はうまくいきません。

 

安心して進めるやり方
それが、

ダブルワークでの
週末セラピスト

という進み方でした。

 

本気でやりたい気持ちは大事。
その覚悟も必要。

 

不安にまみれて平常心を欠く
くらいなら
ダブルワークで
不安とか感じる
暇もないくらい

無我夢中で取り組むことがいい
のではないのではないでしょうか。

 

そのために時間は
ものスゴーーーク貴重なもの
とういうことを痛感しました。

 

だから時間泥棒は許せない!
盗まれてたまるものか!
というくらいの意識に
変わりました。

夢って、動くことで叶うもの。
だからダブルワークで起業を
初めて良かった!!

夢を叶えるための
ダブルワーク

Goo.jpg
だから私は
ダブルワークで起業したのです。

 

気になる方は是非
個別相談でお話しましょう!

http://mywill-lady.com/?p=422