会社にはもう頼れない!今の時代、起業する人が多い理由

「お金を稼ごう!」っていう
響きって、がっついてる感や
あくどい感が否めません
ね。

私自身にも多少そんなイメージが
残っていたりします。

お金1.jpg

それでも、今これをお伝えして
いかなければ!!

と強く想うのは

 

今後ますます
「格差社会」と言われる現象が
大きい動きになっていくのが
予測されているからです。

ちょっと堅い話なので
おおばっくりに説明しますと

 

一見平和な日本ですが
今の日本の経済はガタガタです。
借金世界一、借金大国とも
言われていますね。

 

それを立て直そう!
というのが国の最優先課題です。

 

安倍政権は
「民間の力を引き出す成長戦略」
としてベンチャービジネスを
大きく支援したり、女性の活躍を
促進したりして

「稼げる人がたくさん稼げる
ようにする」
政策を打ち出し

片や
扶養手当の見直しや
生活保護の規制など

稼げない人の補償を削減する
動きが顕著です。
(かなり乱暴な言い方ですが)

 

こうして、パワフルな人に
支援を厚くすることで、日本国内の
「お金の循環」
良くしていかない限り、
これからの
働く人口が激減する事実に対処し
生き延びる術がない!とも
言えるのではないでしょうか。

だからこそ
ベンチャーの勢いは増し、
ますます若者や「キレ者たち」は
企業に勤めるのではなく
個人でビジネスを
立ち上げる風潮が加速する
でしょう。

 

RichMan.jpg

(RichMan PoorWomanより)

 

 

そうすると、どうなるか?
企業のマンパワーは落ち、
比例して
企業自体のパワーも落ちます。

企業では、人手が不足。
加えて、能力不足で実績は上がらない。
お給料は、労働が増えても頭打ちか
下手したら下がることも考えられます。

国や会社には頼れない!

 

では自分の力で稼ぐ方法を考え、
動くことが二極化のマイナス
方向に行かないためには必要だと
言えますね。

 

そんな時代に差し掛かっている
からこそ、
自分自身の機動力がないと
収入を得続けることはできませんね。

すなわち
「お金」に関する今までの概念を
大きく変化させていかないと

 

豊かさを上げることに対して
ブレーキがかかって
望んでいるはずなのに動けない…

ということになるのです。

 

少し昔に「勝ち組・負け組」
なんて言葉が流行りましたけれど

 

もっと顕著になると
予測されています。

 

 

「良いこと」と、頭では
やりたい!やったほうがいい!

と、分かっているのに
なんだかんだの理由で
やらない。

 

「できない」の言い訳ばかりで
「できる方法」を見つけようとしない。

時間がないから
お金がないから
余裕がないから

と延ばし延ばしに
してしまう癖があるようならば
それがブレーキの
現象
かもしれないのです。

空想.jpeg

想像してください。

東京オリンピック開催の
2020年

あなたはどこで
どんな風にこの年を
迎えたいですか?

 

それを叶えるためには
動くしかない!

 

気付いているのに動けない
心のブレーキとなっている
無駄な思い込みは手放して欲しいのです。

私はそれを願い、言い続けていきます。

 

sakebu .jpg

 

「お給料はもう上がらない!」
「自分の得られる豊かさは既に限られている!」
「私は、高い報酬を得るには値しない…」

 

なんて思っている働き女子の皆さま。
その思い込み、手放してみませんか?

 

 

 

☆個別相談会の情報はこちらです。

http://mywill-lady.com/?p=422