お金を稼ぐこと、遣うことに対して「罪悪感」や「嫌悪感」を持たない方がいい理由とは?

前回と2回に渡り

「お金が好きでないと、
お金を稼ぐことができません」

「お金に好かれる人と嫌われる人」
の違いについて

 

と、「お金」に関する
話をお伝えしてきました。

 

要は、豊かさを上げるには
「お金」と両想いになることが
ポイントらしい。
と、捉える事ができますね。

 

「お金」を稼ぐ。ということと
「お金」を遣う。という
両方に、知らず知らずに罪悪感や
嫌悪感
がある場合、豊かさを
上げることにブレーキとなる
思い込みがあると考えられます。

 

「お金」を稼ぐことは
シゴトをする。っていうことですから
「誰かのお役に立つ」ことが
大前提
だと私は考えます。

なぜ稼ぐ必要があるのか?
 

私は、もっと誰かのお役に
立つためには「お金」という
道具
が必要だと考えます。

誰かのお役に立とうとするならば
まず、自分が健やかで
いなければできませんし、
何かを開発する知恵を身につけたり
技術を発展させる学びも必要です。

 

そのためにお金という道具
を使って「自己投資」
する必要があります。

だから、正々堂々と稼がないと
先が続かないですよね。

そして、
「お金」という道具を使わせて
いただいたことに感謝し、
また誰かのお役に立つように
努めていく。

大事

誰しもが、一人では
生きていけないのです。

 

生きていくには他人の力が必要。
他人と協力しあうには、
感謝や信頼が必要です。

そしてそれをお返ししていく。

「お金」は、その目に見えない
感謝や信頼が形になったもの
だと私は捉えます。

 

 

ハートのお金

 

さて、ここで
「そうか!」と、思ったならば
ここからがスタートです。

「そうか!」と思えたら
無意識に自分が抱いていしまってる
「お金」の豊かさを上げること
に対しての
 

罪悪感や、嫌悪感など
ネガティブな感情

自分がどれだけ持っているのかを
感じ取るように
してみてくださいね。

 

 

 

シンプルパフォーマンス・セラピー
120分個別セッション

お申し込み、詳細はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓
%%%_LINK_5426_%%%